肝脂肪を予防することは可能。ただし○○に注意

 

肝脂肪とは、食べ過ぎや飲みすぎなどで、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態です。
肝臓の細胞の30%以上が、脂肪化している状態が肝脂肪とされています。
肝脂肪の原因と予防についてまとめてみました。

 

 

肝脂肪の原因
肝臓自体は、余分な脂質を中性脂肪として蓄える機能があります。
普段は使われる中性脂肪の量と、エネルギーとして使われる脂肪の量のバランスがとれていればよいのですが、蓄える脂肪の量が多くなると、肝脂肪となってしまいます。
原因としては次が挙げられます。

 

・食事に含まれる脂肪の量が増える場合
 肝臓に運ばれる脂肪の量が増えるため、徐々に肝脂肪となる。

 

・運動不足の場合
 消費される中性脂肪の量が減るため、蓄えられた中性脂肪が減らないので、肝脂肪となる。

 

・お酒を飲みすぎる場合
 アルコールの分解は肝臓で行われますが、その際中性脂肪ができやすいから。

 

・薬物、妊娠、循環障害の場合
 まれですが、肝脂肪となる場合がある。

 

肝脂肪の予防
肝脂肪の予防は食生活が中心になります。

 

・食事を低カロリーで低脂肪なものにする
 食事に含まれている脂肪を減らすことで、肝脂肪の予防となります。
 油分が少なく、栄養バランスが取れた食事を心がけましょう。
 肝臓によりタウリンやオルニチンを含む食材をとるようにするとよいです。
 食べる量が多い人は、減らすことで中性脂肪を少なくすることができます。

 

・適度な運動を行う
 消費するエネルギー量が増えると、肝臓に蓄える中性脂肪を減らすことができます。

 

・お酒を控える
 アルコールの分解は肝臓で行われるため、アルコールを大量に摂取すると肝臓の機能はアルコール分解のみ行うようになり、疲弊します。
 なので、お酒を控えることで肝臓の機能も上げることができます。
 アルコールが原因の中性脂肪も抑えることができるので、肝脂肪を予防することができます。

関連ページ

肝脂肪は実は恐ろしい病だった!アナタは大丈夫?
このサイトでは体の臓器の一つである肝臓について、病気・疾病や機能、効果的な食べ物やサプリメント、食事方法などについて細かく解説しています!