肝脂肪の現代版医学の真実は?

 

肝脂肪とは、肝臓に中性脂肪やコレステロールが蓄積された状態のことです。
食べ過ぎ・飲みすぎなどの暴飲暴食によって肝脂肪となり、30代〜40代を中心に増えています。
肝脂肪は、動脈硬化など生活習慣病を発症する可能性があります

 

 

食物に含まれている脂肪は、小腸で吸収された後、血液を介して肝臓に運ばれます。
肝臓で脂肪は代謝され、余分な脂肪は中性脂肪として肝臓に蓄えられます。
食べ物から糖分や脂質をとりすぎると、肝臓で蓄える中性脂肪も多くなります。
健康な肝臓は、3〜5%の脂肪を蓄えていますが、5%を超えると肝脂肪となります。
脂肪が10%を超えると脂肪滴となり、30%を超えると重症と診断されます。

 

肝脂肪で死ぬことはほとんどありませんが、肝脂肪は肝硬変や肝ガンなどへ移行します。
肝脂肪は、男性に多く発症しており、女性の約2倍になります。
年代では30〜70代が多く、男性では約40歳、女性では40歳以降の中高年が多いです。
最近では、日本の成人の20〜30%が脂肪肝であるといわれており、成人男性の3人に1人、女性の5人に1人が脂肪肝とされています。
近年は増加傾向であり、10年前によりも肝脂肪となる人は約2倍となっています。

 

肝臓に脂肪が溜まる肝脂肪は、自覚症状がほとんどありません。
肝臓は、半分以上を切除しても再生してしまう再生能力に優れていて、肝細胞がダメージを受けても、残った正常な肝細胞が働いて機能を維持していくからです。
肝臓は機能が低下しても、痛みなどの自覚症状を出さないので、肝脂肪になっていても気付かない場合が多いです。
肝脂肪が進行していくと、肝臓の細胞が脂肪で膨らむため、肝臓内の血管が圧迫され、血液の循環が滞ります。
肝臓の細胞全体に酸素や栄養素がいき届かず、徐々に肝機能が低下していくのです。
自覚症状としては、体にだるさを感じたり、疲れやすさ、倦怠感や疲労感がでてきます。

 

 

痛みなどの症状が出た場合には、他の病気も同時進行している場合が多いです。
そのため、定期的な健診を受けることが重要です。

関連ページ

肝脂肪をしっかり知って、予防法を身につけよう!
このサイトでは体の臓器の一つである肝臓について、病気・疾病や機能、効果的な食べ物やサプリメント、食事方法などについて細かく解説しています!