TVではやらない肝脂肪【最新情報】記事一覧

肝脂肪とは、肝臓に中性脂肪やコレステロールが蓄積された状態のことです。食べ過ぎ・飲みすぎなどの暴飲暴食によって肝脂肪となり、30代〜40代を中心に増えています。肝脂肪は、動脈硬化など生活習慣病を発症する可能性があります食物に含まれている脂肪は、小腸で吸収された後、血液を介して肝臓に運ばれます。肝臓で脂肪は代謝され、余分な脂肪は中性脂肪として肝臓に蓄えられます。食べ物から糖分や脂質をとりすぎると、肝...

肝脂肪とは、食べ過ぎや飲みすぎなどで、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態です。肝臓の細胞の30%以上が、脂肪化している状態が肝脂肪とされています。肝脂肪の原因と予防についてまとめてみました。肝脂肪の原因肝臓自体は、余分な脂質を中性脂肪として蓄える機能があります。普段は使われる中性脂肪の量と、エネルギーとして使われる脂肪の量のバランスがとれていればよいのですが、蓄える脂肪の量が多くなると、...